Bitcoin Cashのハードフォークが11月13日に起こる予定

最近BitcoinのハードフォークによってBitcoin Goldが誕生したばかりですが、今度はBitcoin Cashがハードフォークするようです。

しかし、このBitcoin Cashのハードフォークは今までのBitcoinのように分裂により新たな仮想通貨が誕生するというものではありません。

今回はそんなBitcoin Cashのハードフォークについてまとめていきます。

Bitcoin Cashのハードフォーク

今回のBitcoin Cashのハードフォークはマイニングの難易度の調整のために行われます。

Bitcoin Cashにはマイニングの難易度を調整するためのEDA(Emergency Difficulty Adjustment)というアルゴリズムが採用されています。

このEDAによってマイナーが多いほどマイニングの難易度は上がり、マイナーが少ないほど難易度は下がるようになります。

ここでマイニングの難易度が上がったことによってマイナーがBitcoin Cashのマイニングをストップしてしまうという問題が起きてしまいます。

これによってブロックの生成が多すぎたり、長時間ブロックが生成されず送金詰まりなどが起きてネットワークの安定性に欠けてしまいます。

この問題を解決するために今回のハードフォークによってDDA(Difficulty Adjustment Algorithms)が採用されます。

今までのハードフォークのように新たなコインが誕生するわけではありません。

このハードフォークは11月13日に行われる予定です。

今後

マイニングの難易度が調整されることによってよりマイニングはしやすくなり、実用的になります。

このハードフォークによってBitcoin Cashの価格上昇が考えられます。

しかし、今回注目するところはそこではなく、ハードフォークが行われる日にちだと思います。

Bitcoin Cashのハードフォークが行われるのは11月13日であり、Bitcoinのハードフォークが行われる11月15日の直前です。

かなり意図的な日にちな気がします。このあたりでBTC、BCHの価格が大きく動くことが予想されます。

どのように動くかが大切になってきます。今までのようにガチホは厳しそうです。

しばらくチャートから目が離せそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする