DASHについて調べてみた

DASHは匿名性に優れた仮想通貨の1つです。

さらに、即時決済も可能です。

そんなDASHについてまとめました。

DASHとは

上述したようにDASHとは仮想通貨の中で匿名性が高い即時決済可能という特徴を持ちます。

DASHはBytecoinをもとに開発されました。

Bytecoinは最初にできた匿名性優れた仮想通貨です。

DASHは当初、Darkcoinという名前で2014年7月に公開されました。

そのあと、2015年DASHという名前に改名されました。

DASHの特徴についてまとめていきます。

X11

仮想通貨は暗号化されていて、ハッシュ関数というもので処理されます。

X11とは暗号化方式の1つで、11種類のハッシュ関数を組み合わせたものです。

複数のハッシュ関数を利用することでセキュリティを向上することができます

消費電力も比較的低くなります。

Darksend

Darksendは初期のダークコインという名前に由来する匿名性に優れた取引形式です。

Darksendはグレゴリー・マクスウェル氏が開発したコインジョイン方式という取引方法をもとにつくられました。

コインジョイン方式

コインジョイン方式とは、同時期に送金しようとしている複数の利用者のコインを一度まとめてから、個別に送金していく方式です。

ブロックチェーン上に記録が残るのは、コインがまとめられて送金が行われた部分のみなので、誰が送金を行ったか特定することはできません。

また、送金主が送金してコインがまとめられるまでの部分はマスターノードという特別なノードによって、ブロックチェーン上に記録されないようになっています。

この取引方式によって匿名性が保たれます。

Instant X

DASHという名前に改名されるようになった即時決済の技術です。

Instant Xを用いて行われた取引はマスターノードによって行われます。

ビットコインの認証時間は約10分ですが、

Instant Xを用いた取引だと認証時間は約4秒です。

これにより認証時間は格段に早くなり、難しいとされていた店頭決済も可能になります。

また、不正も起きにくくなっています。

DASHの今後

DASHは、その即時決済と優れた匿名性からどんどん普及してきているようです。

海外では、DASHを利用できる自動販売機が登場しています。

この自動販売機の登場によりDASHの価格は高騰しました。

また、払いすぎた金額は返済されるシステムも開発されており、これにより安心して取引ができます。

今後も、このような自動販売機などが普及するとDASHの価格も上昇していくと考えられます。

また匿名性も需要はあると思うので今後も伸びていくでしょう。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする