イーサリアムについて調べてみた

イーサリアムという言葉は仮想通貨の中でビットコインの次に目にすることが多いです。

そんなイーサリアムについて簡単にまとめました。

イーサリアムとは

イーサリアムとは簡単に言うと契約できるプラットフォーム(コンピューターにおける基盤)です。

ビットコインのように通貨自体の名前ではありません。

通貨単位はイーサと呼びます。1イーサなど。

イーサリアムの通貨はブロックチェーン上のアプリケーションを稼働するときに使用されます。

ビットコインは決済に使われるのに対して、イーサリアムは決済と同時に契約を扱うことができます。

ビットコインに用いられているブロックチェーンという技術を用いて契約を扱っていくことができます。

そして、その契約のことをスマートコントラクトといいます。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、直訳すると「賢い契約」などと訳すことができます。

この「賢い契約」は「通常の契約」とはどのように違うのでしょうか?

通常の契約の場合は、第三者機関が介入することで契約を正当なものとします。

一方、賢い契約であるスマートコントラクトには、第三者機関が介入せずに簡単に契約して履行することができます。

仕組み

スマートコントラクトは、ビットコインのブロックチェーンという分散型台帳システムを利用します。

まず、ブロックチェーンは通貨の取引履歴が書かれている台帳を不特定多数のコンピューターで分散管理します。

そのため、台帳を改ざんして不正を行うことは難しくなっています。

イーサリアムはこのブロックチェーン技術の性質に加えて台帳に契約の情報を付与して管理することにより、スマートコントラクトを可能にしました。

このように、ブロックチェーン技術を応用することで第三者機関の介入を不要にできます。

わかりやすく例を示していきます。

例えば「AさんはBさんに10万円貸して、1年後にBさんはAさんに11万円返す」という契約を結ぶとします。

この情報をブロックチェーンに書き込むと、

AさんからBさんに10万円を支払って、1年後には自動的にBさんからAさんに11万円が支払われます。

もっと複雑な契約をすることも可能なようです。

イーサリアムの価格の今後

イーサリアムは2015年7月にリリースされて、今では32,000円台まで価格が上がっています。

トヨタや三菱UFJもイーサリアムの技術の幅広い活用を検討していることからも今後価格は上昇していくと考えられます。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする