Factomについて調べてみた

Factomはcoincheckの中ではあまり話題にならないイメージがあります。

そんなFactomについてまとめていきます。

Factomとは

Factomは分散型文書管理プラットフォームです。

つまり、書類や記録を分散的に管理することができ、安全にデータを扱うことができます。

Factomを使うことで電子データの記録や管理を第三者の存在なしで証明することができます。

今までは、データの管理には多大なコストやセキュリティ対策が必要でデータが漏れた場合は多くの損害を被っていましたが、Factomによってより低コストで安全にデータを管理することができるのです。

金融システム、医療記録、サプライチェーン管理、投票システム、財産権タイトル、法的申請などあらゆるデータを記録していくことができます。

Factomの仕組み

Factomはエントリーブロック、ディレクトリブロック、ビットコインブロックチェーンからなります。

まず利用料金を払ってデータをエントリーブロックに入れます。この時データは暗号化された状態でエントリーブロックに格納されます。

そして、ディレクトリブロックの中で設定されたカテゴリーごとに振り分けられます。

振り分けられたデータは再び暗号化され、10分ごとにビットコインブロックチェーンに記録されていきます。

Factomの利用料金はEntry Creditというものを使って支払われます。

このEntry CreditはFactomの仮想通貨であるFactoidを用いて交換することができます。

なぜ直接利用料金としてFactoidで支払わないのでしょうか?

そこには主に2つの理由があります。

ハッキングによる被害を予防するため

Entry CreditはFactom内でのみ利用可能となっています。他の通貨とも交換はできません。

ハッキングを受けてEntry Creditを奪われたとしても、そのEntry Creditはほとんど使い道がありません。

そのため、わざわざハッキングしてくるような人はいなくなります。

利用料金の変動のリスクを低減できる

Factoidは投機目的などで取引所で取引されるため、価格が大きく乱高下する場合があります。

Factoidを直接利用料金として用いた場合は、利用料金が時間によって変動してしまいます。

しかし、Entry Creditを用いることによってユーザーは好きなタイミングでFactoidとEntry Creditを交換することができ、自分の納得のいく価格でFactomを利用することができます。

Factomの価格推移

Factomは2017年6月にはビル&メリンダ・ゲイツ財団と住宅ローン市場の管理計画を開始することを発表しました。

つまり、米国住宅ローン市場のデータ管理においてFactomの技術が採用されることが決まりました。

この発表によりFactomの価格は2倍以上高騰しました。

その後は、価格が落ちついています。

今後も十分期待できる仮想通貨だと思います。今後も注目していきたいです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする