IOTAについて調べてみた

最近IOTAの価格が上昇してきています。

IOTAを取り扱う取引所も増えてきて時価総額も順調に上がってきています。

今回はそんなIOTAについて簡単にまとめていきます。

IOTAとは

IOTAは時価総額がRippleに次いで5位の仮想通貨です。

IOTAを知るにはまずIOTについて知る必要があります。

IOT

IOTとはInternet Of Thingsの略で直訳すれば「モノのインターネット」という意味です。

パソコンやスマホなどで簡単にインターネットに繋がることができるようになりましたが、家電や自動車などのモノまでインターネットに繋がる時代になりつつあります。

モノをインターネットに繋げることによって離れているモノの状態を知ったり、操作したりすることが可能になります。

このIOTによって便利にはなりますが、ハッキングに遭えば甚大な被害が考えられます。

そのためIOTには非常に強力なセキュリティが必要とされています。

そこでセキュリティ問題を解決するのがIOTAです。

IOTAのセキュリティはTangleという技術によって保証されています。

Tangle

IOTAはBitcoinなどのようにブロックチェーン技術は使用していません。

代わりにTangleという技術を使用しています。

Bitcoinなどの承認はマイニングによって莫大な計算量を処理する必要があり、手数料もたくさんかかってしまいます。

しかし、Tangleでは承認は投票によって行われるようになっています。

そのため複雑な計算は必要なく、送金手数料も無料となります。

インターネットを使うには料金が必要ですがIOTAによってそれも不要になります。

IOTAの今後

IOTAは2015年にICOを行い、2017年6月に香港の取引所Bitfinexで最初に公開されました。

その時は一気に価格が500倍程上昇したらしいです。

これによって上場初日に時価総額6位になったそうです。

また、最近では富士通やMicrosoftなどの大手企業との提携を発表して爆上げしています。

現在IOTAを取り扱っている取引所はBitfinexとBINANCEの2つです。

まだ取り扱っている取引所が少ないので今後も更に価格の上昇が期待できそうです。

以上、IOTAについて簡単にまとめてみました。

調べてみてIOTAは現在仮想通貨の中でとても勢いのある仮想通貨だと思います。

価格が落ち着いたら買っておきたいです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする