LISKについて調べてみた

LISKという仮想通貨についてまとめます。

LISKとは

LISKは2016年5月に運用が始まりました。

通貨の発行数に上限はありません

LISKはイーサリアムと同様にスマートコントラクトという機能を持っています。

なので、取引情報以外にも契約などの情報もブロックチェーン上に記録していくことができます。

それでは、イーサリアムとどのような違いがあるのでしょうか?

イーサリアムにはないLISKの特に大きな特徴をあげていきます。

サイドチェーン

メインのブロックチェーンとは別にブロックチェーンを用意します。

これをサイドチェーンと呼びます。

イーサリアムではブロックチェーン上に記録されたコードを自由に変更することはできません。

そのため、問題が生じたときには対処が困難になります。

しかし、リスクの場合、サイドチェーン上に記録を書き込むことによってコードを簡単に変更することができるので、問題が起きた時も簡単に対処できます。

サイドチェーンに問題が生じてもメインのブロックチェーンに影響を及ぼすことはありません。

また、複数のサイドチェーンで同時に処理を行うことができるため、処理能力が向上してメインのブロックチェーンの負担を減らすことができます。

Java Scriptの使用

LISKはスマートコントラクトを記述するときのプログラミング言語としてJava Scriptを使用しています。

Java Scriptは非常にメジャーなプログラミング言語で、多くのwebエンジニアが開発に参加することができます

開発に参加できる人が多いと、技術の発展も一層早くなります。

LISKの今後

LISKの仮想通貨の価格はは2016年5月に運用が開始されて、2017年9月現在では約600円です。

価格は順調に伸びていってます。

LISKの目標は誰もが簡単に開発できるプラットフォームです。

そのために今後、ブランディングの再構築SDK(Software Development Kit)のリリースが予定されています。

ブランディングの再構築では、ウェブサイトやロゴやLISKという名前などが変更されるようです。

SDKでは、サイドチェーンを発展させ、優れたブロックチェーンアプリケーションが可能になるようです。

LISKの経営幹部によるとこれらのアップデートによってLISKの仮想通貨の価格は大幅に上昇すると言われています。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする