Litecoinについて調べてみた

Litecoinは、金のBitcoin銀のLitecoinとして位置付けられています。

そんなLitecoinについてまとめていきます。

Litecoinとは

Litecoinは2017年9月の時点で時価総額28億円でランキングは5位の仮想通貨です。

LitecoinはBitcoinのプログラムコードをもとに開発されました。

2011年10月に元Google社員のチャールズ・リー氏によって公開され、アルトコインの中ではかなり初期に開発された仮想通貨ということになります。

Bitcoinをもとに作られたため基本的な性質はBitcoinとほとんど同じですが、

Bitcoinとは異なる特徴が主に3つあります。

Litecoinの3つの特徴をまとめていきます。

認証時間が短い

Litecoinは認証時間が約2分半です。

Bitcoinの認証時間は約10分であり、Litecoinはその1/4の時間で認証することができます。

これにより決済を早く済ませることができ、利用者にとって利便性が増します。

また認証時間が短いことにより、ダブルスペント(二重支払い)を防止しやすく、セキュリティ面にも優れています。

発行上限が8400万枚

Litecoinは発行上限が8400万で、Bitcoinの2100万の4倍のコインが発行されます。

これはLitecoinのインフレ率をBitcoinと合わせるように設計されています。

Bitcoinは10分に1度マイニングにより、コインが発行されます。

一方Litecoinは2分半に一度コインが発行され、コインの発行頻度はBitcoinよりも増えていきます。

そのため、Litecoinの発行量はBitcoinの4倍に調整されているのです。

半減期もBitcoinと同じで約4年に1度です。

暗号化方式

仮想通貨は暗号化されています。

LitecoinはScryptという暗号化方式が採用されています。

ScryptはBitcoinの暗号化方式よりも計算が複雑になっています。

Scryptは今まであまり使われてこなかったハッシュ関数を使用しているため、今後において何らかの脆弱性が懸念されています。

Litecoinの今後

LitecoinはBitcoinよりも取引認証が早いことから、2013年9月には1日で流通量が倍増しました。

最近では、2017年5月にsegwitというアップデートが行われたことにより、価格は高騰しました。

2017年9月の時点でLitecoinの価格は約6000円です。

Bitcoinの価格に近付いてくると期待しています。

また、LitecoinはBitcoinから派生しているため、価格の変動もBitcoinの影響を受けやすくなっています。

取引スピードが速いという利便性から、今後ますます需要が増えていくのではないかと思います。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする