Monacoinについて調べてみた

Monacoinは5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のAA(アスキーアート)で見られるような顔が描かれている仮想通貨です。

今回はそんなMonacoinについてまとめていきます。

Monacoinとは

Monacoinは日本の匿名掲示板5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のソフトウェア板でわたなべ氏によって開発されている日本初の仮想通貨です。

Litecoinをベースとして2014年1月1日に正式にリリースされました。

5ちゃんねるで( ´∀`)のような顔を見たことがある人は多いのではないのでしょうか。このキャラクターのことを「モナー」といいます。

モナーで変換すると、( ´∀`)この顔文字が出てくるほど世の中に浸透しているキャラクターです。

Monacoinの名前ははこのモナーが由来になっています。

最近では、BitcoinとMonacoinだけ使用可能な通販サイトが新しく誕生して、どんどん認知度が大きくなっています。

このMonacoinはどのような特徴があるのでしょうか?

投げMONA

Monacoinの特徴の一つとして投げMONAというものがあります。

ニコニコ動画やPixivなどで活動しているクリエイターが自分のプロフィールにMonacoinのアドレスを掲載しておきます。

そして、そのクリエイターの作品を見た人はそのアドレスにMonacoinを送金するという投げ銭のようなものを投げMONAといいます。

Monacoinを支払って絵師に絵を描いてもらうなどの使い方もできます。

他にもYahoo!JAPANにそっくりなMONA!JAPANというWEBサイトや、いらなくなったものとMonacoinを交換できるモナオクというサービスも誕生しています。

世界初のSegWit採用

SegWitはブロックチェーンの1ブロックの容量を圧縮するという方法です。

Bitcoinのスケーラビリティ問題で処理に時間がかかることから、BitcoinにSegWitを導入するかどうかという議論が起こっていました。

そこで、MonacoinはBitcoinよりも早くSegWitを導入しました。

世界で最も注目されている仮想通貨のBitcoinが議論しているSegWitを世界で初めて導入したことにより、Monacoinは世界で注目を浴びることとなります。

Monacoinの価格推移

Monacoinは数円ほどで取引されていましたが、2014年7月に土地の売買にMonacoinが使われたことによって100円付近まで急騰しました。

その後は、価格は再び暴落して数円程度に戻ります。

最近では2017年4月に上述のようにSegWitの導入により価格は上昇します。

7月には半減期を迎え、再び100円付近まで高騰しました。

更に、10月現在では、10月2日にbitFlyerに新規上場が決定したことから400円付近まで上昇しました。

異常なほどの爆上げを記録したMonacoinですが今後も、取引所への新規上場は十分考えられます。

Monacoinだけでなく取引所の動きにも注目していきたいです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする