NEMについて調べてみた

NEMについてまとめていきます。

NEMとは

NEMはNew Economy Movementの略で、コイン発行系のプロトコルです。

現在Bitcoinでは対処しきれない問題を処理するために多くのアルトコインが誕生しています。

しかし、コインの数が膨大になることによって様々な問題が生じています。

その問題を解決するために一つ一つ別のコインをつくるのではなく、一つのプラットフォーム上でコインを発行していくという方法が提案されるようになりました。

NEMはその中でもコミュニティ指向で平等な分散型プラットフォームを目指しています。

NEMは、独自トー クン発行、分散型取引所、マルチシグネチャー、メッセージ送信などの機能を持ちます。

また、POIという独自のシステムやセキュリティ保護を特に力を入れています。

それらの特徴についてまとめていきます。

POI

まず、ビットコインを入手する方法の一つとしてマイニングというものがあります。

マイニングとは、10分ごとにすべての取引のデータを一つのブロックにまとめて、ブロックチェーンにつなげていくという作業です。

この作業によって取引の記録を行い、取引を処理します。

マイニングは簡単な作業ではなく、高性能なコンピューターを使い莫大な費用を費やして行われます。

このマイニングを一番早く行った人が報酬としてビットコインを得ることができます。

このシステムのことをPOW(Proof Of Work)といいます。

POWは演算能力の高いコンピューターを有している人ほど報酬を得る仕組みなので、不平等が生まれます。

その不平等を解決するために開発されたシステムがPOIです。

POIはProof Of Importanceの略で報酬を得る条件がビットコインでは仕事量だったのに対して、NEMではユーザーの重要度で判断されるようになりました。

このユーザーの重要度はどのように決まるのでしょうか?

重要度に大きく影響するのは所有しているコインの数取引の数です。

NEMのネットワークで積極的に取引を行うことで、報酬を得ることができるため、報酬を得る人が偏ったり、コンピューターに大量の電力を消費させることもなくなります。

ハーベスティング

NEMではビットコインでいうマイニングに当たる作業のことをハーベスティングといいます。

ハーベスティングを行う人をハーベストといいます。

ハーベスティングには1万XEM以上の残高が必要です。

mijinとの関係

国内大手の取引所の一つであるZaifの運営会社「テックビューロ」がプライベートブロックチェーン「mijin」の開発を進めています。

プライベートブロックチェーンとは、一部の人間のみが参加可能なブロックチェーンのことです。

このmijinにはNEMの技術が使用されており、金融機関のコストを90%削減し、さらにセキュリティも強化することができます。

また、野村総合研究所と住信SBIネット銀行がmijinを採用してブロックチェーンの実証実験を行いました。

さらに、さくらインターネットはテックビューロと協力してmijinの6か月無料版を提供しています。

NEMの今後

上の方でも述べましたが、様々な企業と提携しています。

今後もより多くの企業と提携していくと考えられています。

さらに、カタパルトというアップデートも控えています。

XEMの価格もそれに伴って上昇していくかもしれません。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする