Rippleについて調べてみた

Rippleは時価総額がEthereumに次いで3位の仮想通貨です。

今回はそんなRippleについてまとめました。

リップルとは

Rippleは2012年に公開されたグローバルな決済のための分散型台帳ネットワークです。

Rippleの主な開発者は、当時世界最大級の仮想通貨取引所であったMt.Goxの開発者の一人であるジェド・マケーレブ氏です。

Bitcoinが普及していく中で、送金の在り方も変わっていこうとしています。

RippleはBitcoinやEthereumなどのように決済で取引されるものではなく、決済をより早く低コストで行うためのネットワークです。

Rippleはリップルネットワークを利用するための料金として支払われます。

リップルネットワークはどのような仕組みになっているのでしょうか?Rippleの特徴と一緒にまとめていきます。

IOU

Rippleの主な特徴としてIOUがあります。IOUはI owe you.の略で借用証明書のようなものです。

このIOUはゲートウェイを担当する企業によって発行されます。ゲートウェイは顧客から通貨の預金を引き受け、それに対応するIOUを発行します。このIOUをゲートウェイに持っていくことでそのIOUに対応した金額を受け取ることができます。

IOUを用いてリップルネットワークで価値の移動を行うことができます。IOUを送る時にRippleの仮想通貨XRPが消費されます。

ゲートウェイとなった企業は独自のIOUを任意で発行することができ、そのIOUの価値はその企業によって保証されます。

仕組み

リップルネットワーク内にユーザーAさん、Bさん、ゲートウェイX、ゲートウェイYが存在すると仮定します。

AさんはゲートウェイXに10万円を預けるとすると、ゲートウェイXは10万円分のIOUをAさんに対して発行します。

AさんはBさんにこのIOUを送るとすると、少額のXRPを使うことで送信が完了します。

IOUを受け取ったBさんはゲートウェイYでそのIOUを100万円に交換することができます。

また、Bさんが円以外で受け取りたい場合は、受け取ったIOUを別のIOUと交換することで可能となります。

従来の国際送金だと、送金手数料や両替手数料が非常に多くかかっていましたがIOUによって低コストで実現できます。

PoC

Rippleではユーザーが持っているIOUを分散的に台帳に記録して管理を行います。

この記録して管理する方法としてPoCが採用されています。

PoCはProof of Consensusの略で、承認者と呼ばれる人によって行われます。

承認者のリストをユニーク・ノード・リスト(UNL)といい、UNLの80%以上が有効と判断した場合、承認者が管理している台帳に記録されます。

Bitcoinなどではこの記録の方法をPoWというマイニングによる方法を採用していますが、この方法だと電気代や時間が多くかかってしまいます。

しかし、RippleではPoCを採用しているため数秒で承認が完了して、取引を早く行うことが可能となります。

Rippleの価格推移

XRPは2013年末に高騰した後、2014年の初めには創業者の一人が大量にXRPを売却したことにより暴落しました。

また、2016年にはリップルトレードジャパンの運営停止により暴落しました。

しかし、その後回復してXRPの価格は高騰していき、2017年5月には最高値である40円台まで上昇しました。

その後は、減少傾向にありますが、多くの金融機関がリップルとの提携を検討しているという情報が見られます。

今後も期待できそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする