Rippleがアメリカンエキスプレスと提携で高騰

Rippleがアメリカンエキスプレスとの提携を発表しました。

これによりXRPの価格は一時高騰しました。

アメリカンエキスプレスとの提携

アメックスことアメリカンエキスプレスがリップルネットへの参加を発表しました。

リップルネットはグローバルな即時グロス決済ネットワークで、すでに多くの銀行などが参加しています。

そのリップルネットにクレジットカードで有名なアメリカンエキスプレスが参加するようです。

これによってアメックスは今まで決済時にswiftのメッセージコードを送る必要がありましたが、リップルネットに参加することにより即時決済が可能となりました。

ただしリップルネットへの参加は決まりましたが、リップルネット内でXRPを使用することは明らかになっていません。

XRPの価格

今回のアメックスのリップルネットへの参加によって、XRPは一時的に高騰して見事なイナゴタワーを築き上げました。

20円台から一気に30円をこえました。そこからじわじわと下降傾向です。

この光景は、少し前にBitcoin Cashでも似たような形を見たことがある気がします。

やはりXRPが使われることが明らかになっていないので、すぐに価格が下がってしまったのだと考えられます。

今回の価格上昇でRippleにとっての好材料は、必ずしもXRPにとっての好材料と一致しないということが分かりました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする