ビットコインについて調べてみた

ビットコインについて簡単にまとめて整理しておきます。

ビットコインとは

ビットコインは簡単に言うと、「インターネット上で発行・取引されている仮想通貨の一つ」です。

仮想通貨とはインターネット上に存在する通貨で、暗号技術が使われていることから、暗号通貨とも呼ばれることがあります。

ビットコインではない仮想通貨のことをアルトコインといいます。

このアルトコインは数種類(リップル、イーサリアムなど)あります。

ビットコインは1種類(ビットコイン)しかありません。

これだけでビットコインの偉大だということが分かります。

それではこのビットコインを使って何ができるのでしょうか?

ビットコインで何ができるのか?

ビットコインでできることは大きく分けて3つあります。

①投資、②決済、③送金の3つにわけることができます。

それぞれについて詳しく見ていきます。

①投資

ビットコインを使って最も多く行われているのが「投資」です。

日本には、インターネット上に10種類ほどの仮想通貨取引所があり、そこで仮想通貨の取引が行われています。

仮想通貨の価格が安い時に買って、高い時に買うというのが基本の投資スタイルです。

この時の差額によって利益を出すことができます。

仮想通貨の価格は需要と供給によって決まり、シンプルです。

また、仮想通貨は少額からでも購入することができます。

これらのことから、仮想通貨の投資は株やFXより手が出しやすく、すぐに始めて利益を出すことができます。

②決済

ビットコインは「決済」でも非常に便利に使うことができます。

従来の決済方法としては、現金、クレジットカード、電子マネーなど様々な決済方法があります。

しかし、それぞれ欠点があります。

  • 現金は、持ち歩きに不便、おつりが必要な時がある。
  • クレジットカードは、代金の3~5%の手数料の負担がお店側にかかる。
  • 電子マネーは、何度もチャージする必要があす。

などの欠点が考えられます。

これに対して、ビットコインはインターネット上の取引所に口座を開いてビットコインを入れておくだけで大丈夫です。

あとは、スマホなどの端末から簡単な操作で決済を完了できます。

手数料もクレジットカードよりも安く約1%ほどです。

まだビットコインを使えるお店は少ないですが、今後どんどん拡大されるようです。

③送金

「送金」でもビットコインは非常に便利です。

特に海外への送金時に多くのメリットがあります。

例えば、海外にいる人に10万円を送金するときに銀行の送金サービスを利用するとします。

この時、手数料は数千円かかり、相手にお金が届くのに数日間かかります。

しかし、ビットコインを使えば手数料は多くても数百円で、相手にお金が届くのも一瞬で完了します。

方法も簡単で、お互い取引所に口座を作って送金するだけです。

送金されたビットコインを現地の通貨に交換することも可能です。

ビットコインの特徴

法定通貨との違い

法定通貨は以下のような特徴があげられます。

  • 紙幣や硬貨など実体がある。
  • 発行量に上限はない。
  • 国が管理している。

これに対して、ビットコインには以下のような特徴があげられます。

  • インターネット上に存在すため実体がない。
  • 発行量が決まっており上限がある。
  • 不特定多数のコンピューターによって管理されている。

このうち、発行量が決まており上限があること、不特定多数のコンピューターに管理されているということにどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、ビットコインの発行量は2100万ビットコインと決まっています。

そのうち、すでに3/4のビットコインが発行されています。

それではもうすぐ全てのビットコインが発行されてしまうのかというと、そうではありません。

ビットコインは約4年ずつ発行量が半減していきます。

つまり、これからどんどん発行量が少なくなっていくというわけです。

2100万ビットコイン全てが発行されるのは2140年といわれています。

このように供給量が少なくなっていくため、ビットコインの価値が下がることはありません。

そして、インフレを防ぐことができます。

次に、ビットコインは不特定多数のコンピューターによって管理されています。

これは、ブロックチェーンという革新的な技術によるものです。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは分散型台帳技術といわれており、

顧客の台帳を不特定多数のコンピューターに分散させ、共有することによって管理を行います。

例えば、一つのデータを改ざんしたとしても、他の分散されたデータと照合すると、そのデータが改ざんされたことがすぐにわかってしまいます。

一方、従来のお金の管理は、銀行が維持する中央サーバーによって行われていました。

これには維持・管理に莫大な費用をかけて、セキュリティを強化していく必要があります。

つまり、ブロックチェーンによって費用をかけずに強固なセキュリティを築くことができるというわけです。

ビットコインはどのように生まれたのか

ビットコインはとても魅力的だというのが分かりましたが、そもそもどのように誕生したのでしょうか?

ビットコインは、2008年にナカモトサトシという人物がネット上で論文を公開したことにより誕生しました。

このナカモトサトシという人物は正体不明です。

日本人男性のような名前ですが本当に日本人なのか男性なのか明らかにされていません。

こうして生まれたビットコインですが最初は一部のマニアしか所有していませんでした。

最初のビットコインの取引は、1万ビットコインとピザ2枚の取引でした。

それからビットコインがどんどん認知されるようになってきて今では1ビットコイン=40万円です。

1万ビットコインもあれば今では億万長者です。

ピザも2枚といわず、たくさん買えるでしょう。

以上、ビットコインについて簡単にまとめました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする