ICOについて調べてみた

仮想通貨について調べていると、たびたびICOという言葉を見かけます。

今回はそんなICOについて簡単にまとめました。

ICOとは

ICOとはInntial Coin Offeringの略でクラウドセール、プレセールなどと呼ばれています。

ICOは株でいうIPOとよく似ています。

まずは、IPOについてまとめていきます。

IPOとは

IPOとはInntial Public Offeringの略で株式市場における「最初の公開売り出し」という意味です。

このIPOによって企業は、株式市場に株を供給して不特定多数の投資家に買ってもらいます。

そして企業側は、集まった資金をもとに新たな開発などを進めていくことができます。

投資家側は買ったIPOを売ることで利益を出すことができます。

ICOもこのIPOと似ていて、企業は独自の仮想通貨をつくってICO参加者にそれを売ります

仕組みとしては

新しい事業を始めたいと思った企業が独自の仮想通貨を作って、条件(その仮想通貨を持っている人はサービスを受けることができるなど)を付けて売り出します。

そしてICO参加者は将来性がありそうな企業を見つけて、独自の仮想通貨をビットコインなどで購入します。

このようにして、企業側は資金を調達して新たな事業や開発などに取り組むことができます。

ICO参加者側は独自の仮想通貨を売って利益を出すこともできるし、独所の仮想通貨を使って企業のサービスを受けることもできます。

ICOのメリット

なぜIPOではなくてICOによって資金を調達するのでしょうか。

ICOによるメリットを見ていきます。

  • 直接参加者から資金を調達することができる。

IPOではベンチャーキャピタル、証券会社、銀行などが仲介するので手数料がかかります。

しかし、ICOでは仮想通貨を使用するため仲介は必要なく、手数料などがかかりません。

  • 国境を越えて世界中から資金を調達できる。

インターネット上の仮想通貨を用いて投資するため、世界中から気軽に投資することができます。

また、IPOでは仲介機関を経て投資が行われていたので調達までに時間がかかっていましたが、ICOではすぐに資金を調達することができます。

  • 利益がたくさん得られる

100倍リターンとかで利益が得られるのも多いらしいです。

ICOのデメリット

便利なICOにはメリットだけではなく、当然デメリットもついてきます。

  • 詐欺が多い

投資しても、企業が事業を始めない、企業が突然姿を消したなどして投資した金額を持ち逃げされることがあるようです。

詐欺にあう確率は1/10もあるなどと言われています。

仮想通貨による偽装詐欺の被害額は、今年ですでに250億円以上になるようです。

現在ICO件数は非常に増加しており、ちょっと調べただけでは詐欺なのかどうか見破ることが難しくなってきています。

ICOに参加する際には、その企業について入念に調べたほうがよさそうです。

以上、簡単にICOについてまとめました。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする