中国の仮想通貨取引所、取引停止でビットコイン暴落

長宗我部です。

朝起きて取引所を見てみるとビットコインが暴落していました。

調べてみると、どうやら中国の取引所が9月末に取引を停止することを発表したようです。

中国の仮想通貨取引所9月末で全取引停止

9月14日に、中国の3大取引所の内の1つ「ビットコイン中国」が9月末に仮想通貨と人民元の取引などを全て停止し、閉鎖することを発表しました。

他の取引所も閉鎖することが明らかになっています。

中国は、金融の安定や仮想通貨を使った犯罪などを危惧して、警戒心を強めているようです。

この発表を受けて、中国では1BTC=55万円の最高値が1BTC=約30万円で取引されるようになってしまいました。

日本での影響

中国の取引所の取引停止の発表の影響により、日本でもビットコインに大きな変化が見られました。

1BTC=約40万円で取引されていたのが数時間後には、1BTC=約30万まで下がってしまいました。

ビットコインだけでなく、アルトコインも同様に暴落しました。

今後どうなるのか

今後はビットコインの流通性が極めて悪くなるという声が聞こえる一方で、

中国国外での取引所での取引は規制されていないので大したことはないという声も聞こえます。

確かに、中国国外での取引が規制されていないなら、長期的に見れば問題はないと思います。

中国の人の海外での取引が増えると、ますますビットコインの相場は上がる気がします。

最近始めたばかりで、まさかこんなに急に暴落し始めるとは思いませんでした。

中国の影響力はやはり強いですね。

今後の中国の動向に目をつけることが重要なポイントとなりそうです。

スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする